失敗英語|オンライン英会話という場所は…

話題となっているピンズラー英会話とは、ポール・ピンズラーDr.が世に出した学習方式であり、子ども達が言葉を記憶するメカニズムを流用した、聞いたことをすぐ口にするだけで英語を体得するという新方式の習得法なのです。いわゆる英 ▶続きを読む

失敗英語|自分の場合でいうと…

スピーキングの練習は、初級レベルでは英会話において出現頻度の高い、基軸となる口語文をシステマチックに何度も鍛錬して、ただ頭に入れるのではなく勝手に口を突いて出てくるようにするのがかなり有効とのことです。いわゆる英会話の場 ▶続きを読む

失敗英語|いわゆるスピーキングは…

人気のあるニコニコ動画では、勉強の為の英語で会話をする動画は当然のこと、日本語の単語や語句、日常的に利用するフレーズを、英語にするとどうなるのかを総合的にまとめた映像を視聴できるようになっている。英会話教材のロゼッタスト ▶続きを読む

失敗英語|ドンウィンスローの小説そのものが…

英語だけを使用する授業は、日本語⇒英語の言葉変換や、英語から日本語という翻訳する段階を、完全に除外することにより、英語自体で英語というものを読みとる回線を脳に作り上げます。月謝制で有名なジョーンズ英会話という名称の英語ス ▶続きを読む

失敗英語|なんで日本語では…

ビジネスシーンでの初対面の時の挨拶は、その人のファーストインプレッションと結びつく無視できない一要素なので、自然に英会話で挨拶する際のポイントを何を差し置いてもモノにしましょう!こんな意味合いだったかなという言いまわしは ▶続きを読む

失敗英語|多種に及ぶ用法別…

ながら作業で英語を聞き流す事自体は重要だと思いますが、1日20分程でも真剣に聞くようにし、スピーキング学習や英文法を身につける事は、とことん聞き取ることを行ってからやりましょう。一般的にTOEICは、一定間隔で実施される ▶続きを読む

失敗英語|通常…

よく言われることは、英会話にとって聞き取る事ができるということと会話できる能力は、一定のケースに特定されているようではダメで、オールラウンドの話の筋道を補えるものである必要がある。「子供自身が立身出世するか或いはしないか ▶続きを読む

失敗英語|英語というものには…

TOEIC等の英語能力テストは、一定の周期で実施されるので、繰り返しトライするのは難しかったのですが、日本初の適応型テストであるCASEC(キャセック)は、インターネットを用いて時期を問わずテストが受けられるので、TOE ▶続きを読む

失敗英語|何かにつけて…

いわゆる英会話カフェには、できれば多くの回数行きましょう。利用料は、1時間当たり3000円くらいが平均額であって、これとは別に会費や初期登録料が要される箇所もある。ふつう、英会話をマスターするためには、渡航先としても人気 ▶続きを読む

失敗英語|VOAという英語放送は…

Skype英会話の学習は、通話料そのものが必要ないので、至って経済的にやさしい学習方法だといえるでしょう。通学時間もかからないし、いつでも場所を問わず勉強に入ることができます。いわゆる英語学習法には、「オウム返し」に繰り ▶続きを読む

失敗英語|某英会話教室には…

暗記することで応急措置的なことはできても、どこまで行っても文法自体は、体得できない。そんなことより理解に及んで、全体を見ることができる力を得ることが英語学習のゴールなのです。スピーキング練習は、初期段階では日常的な会話で ▶続きを読む